鳴子温泉: 啼子之碑

  日本三名泉・三御湯(ホーム)鳴子温泉(枕草子・日本三名泉)>啼子之碑

啼子之碑
啼子之碑
[ 付近地図: 宮城県大崎市 ]・[ 鳴子温泉:歴史・観光・見所 ]
啼子之碑・歴史・観光・見所
啼子之碑(大崎市)概要: 啼子之碑は温泉神社の参道沿いの鳥居前に建立されています。案内板によると「 寛政11年(1799)9月湯守の遊佐勘左エ門定保、大沼三郎次寿、大沼善十郎良豊等によって建立されたものである。碑には鳴子の位置や、源義経主従が源頼朝に追われ平泉の藤原秀衡を頼って落ちのびる様子、亀割山での亀割丸の誕生、鳴子村の河原に湧き出る湯でははじめて産湯を使ったこと等や、地名由来の口碑伝説を刻んでいる。鳴子の地名由来を伝える唯一の碑である。」とあります。碑には鳴子温泉の名称の由来を記されていて、それによると源義経の正室である北の方が亀割峠(山形県)で亀若丸を出産したものの、亀若丸は全く産声を上げず川原湯温泉を産湯として使用すると始めて産声を上げたことから「啼子」と呼ばれるようになり、それが訛って「鳴子」になったと伝えられています。
 鳴子温泉観光・旅行見所ナビ:
温泉神社八幡神社古峯神社啼子之碑こけし歌碑立正寺潟沼鳴子峡尿前宿出羽仙台街道薬師神社芭蕉句碑尿前関鬼首温泉
東鳴子温泉間欠泉吹上地獄谷荒湯地獄片山地獄水神峠荒雄川神社主馬神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「日本三名泉(名湯)と日本三御湯>鳴子温泉」は「宮城県の歴史」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北」、「城郭と城下町−東北」、「奥州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。