鬼首温泉(鳴子温泉郷): 吹上地獄谷

  日本三名泉・三御湯(ホーム)鳴子温泉(枕草子・日本三名泉)鬼首温泉>吹上地獄谷

吹上地獄谷
吹上地獄谷
[ 付近地図: 宮城県大崎市 ]・[ 鳴子温泉:歴史・観光・見所 ]
吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷
吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷
吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷
吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷 吹上地獄谷
吹上地獄谷・歴史・観光・見所
吹上地獄谷(大崎市・鬼首温泉)概要: 案内板によると「 この「吹上地獄谷」は、吹上沢の流れに沿って両岸十数ヵ所に温泉が自噴し、人を寄せ付けないような雰囲気を漂わせた谷です。しかし、新緑や紅葉のころはすばらしい景観で訪れる人々を魅了します。この地に語り伝えられるところによると、今から千二百年ほど前の平安時代初期、大竹丸(または高丸)という蝦夷(東北の先住民族)が、陸奥を治めようとする大和の軍勢に抵抗したそうです。この大竹丸伝説は、鬼首のほかにも遠田郡涌谷など、宮城県内各地に伝えられています。まさに神出鬼没の大竹丸ですがついには破れて斬首され、その首が追分の地(現在は荒雄湖底)に飛んだと伝えられています。この伝説こそ、鬼切辺の里(または鬼切部)、つまり現在の鬼首の地名の由来になったといわれてるのです。鬼と呼ばれた大竹丸が戦場から逃げ延びて、この「地獄谷」にも入り込んだのかもしれません。ぜひ、「吹上地獄谷」の美しい景観と共に、秘境の伝説もお楽しみ下さい。」とあります。吹上地獄谷には「紫地獄(湯気が紫雲たなびく姿に見えた。)」、「卵湯(ここで御飯を炊いていた。美味しい卵が茹で上がります。)」、「人追い地獄(人を寄せ付けない程源泉が噴出していた。)」、「まんだら地獄(時々吹き上げる間欠泉)」、「ワラビ湯(昔の人はここでワラビや山菜を茹でていた。)」、「とちの木湯」、「五月の湯」、「吹上げの湯」などがあり散策路が整備されています。
日本三名泉(ホーム)へ

 鳴子温泉観光・旅行見所ナビ:
温泉神社八幡神社古峯神社啼子之碑こけし歌碑立正寺潟沼鳴子峡尿前宿出羽仙台街道薬師神社芭蕉句碑尿前関鬼首温泉
東鳴子温泉間欠泉吹上地獄谷荒湯地獄片山地獄水神峠荒雄川神社主馬神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「日本三名泉(名湯)と日本三御湯>鳴子温泉」は「宮城県の歴史」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北」、「城郭と城下町−東北」、「奥州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。