鳴子温泉: 潟沼

  日本三名泉・三御湯(ホーム)鳴子温泉(枕草子・日本三名泉)>潟沼

潟沼
潟沼
[ 付近地図: 宮城県大崎市 ]・[ 鳴子温泉:歴史・観光・見所 ]
潟沼 潟沼 潟沼 潟沼
潟沼・歴史・観光・見所
潟沼(大崎市・鳴子温泉)概要: 潟沼は承和4年(837)の鳴子火山によって形成された火口湖と推定される湖で(堰き止め湖の説もある。続日本後紀では山が焼けて谷が塞がり、石が木を押し倒し新しい沼が出来たとあります。)最大深度16.2m、長径450m、短径350m、湖周約1.3kmの規模があります。現在でも湖底からは熱泉ガスなどが吹き上がり世界有数の強酸性湖(水素イオン濃度2.4)として、魚類などは生息出来ません。又、多くの伝説も持つ沼でもあり、1つは毎年桃の節句の夜明け頃に何処からともなく機織る音が聞こえ、それは沼の主である雌の龍神が布を織っていると云われています。もう1つは宝暦2年(1752)、女川の庄屋である飯田能登が妻である節とその不倫相手である奉公人の日塔喜右衛門に殺害されました。2人はその場を逃げましたが鳴子温泉附近で捕縛され潟沼で討首となりました。節の首は潟沼の奥底に沈み、喜右衛門の首は遥か花渕山まで飛んでいきました。しかし、毎年七夕の日には喜右衛門の首が潟沼にある節の首に遭いに飛んできて、その姿を見た者は近日中に死んだと云われています。
日本三名泉(ホーム)へ

 鳴子温泉観光・旅行見所ナビ:
温泉神社八幡神社古峯神社啼子之碑こけし歌碑立正寺潟沼鳴子峡尿前宿出羽仙台街道薬師神社芭蕉句碑尿前関鬼首温泉
東鳴子温泉間欠泉吹上地獄谷荒湯地獄片山地獄水神峠荒雄川神社主馬神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「日本三名泉(名湯)と日本三御湯>鳴子温泉」は「宮城県の歴史」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北」、「城郭と城下町−東北」、「奥州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。