鬼首温泉(鳴子温泉郷): 荒雄川神社

  日本三名泉・三御湯(ホーム)鳴子温泉(枕草子・日本三名泉)鬼首温泉>荒雄川神社

荒雄川神社
荒雄川神社
[ 付近地図: 宮城県大崎市 ]・[ 鳴子温泉:歴史・観光・見所 ]
荒雄川神社 荒雄川神社 荒雄川神社 荒雄川神社
荒雄川神社 荒雄川神社 荒雄川神社 荒雄川神社
荒雄川神社・歴史・観光・見所
荒雄川神社(大崎市)概要: 荒雄川神社の創建等は不詳ですが、当初は荒雄岳(標高984m)の山頂付近に鎮座し、流域36地域に及ぶ荒雄川(江合川)の水源に当たる事から広く信仰されるようになります。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載された式内社玉造郡三座(温泉神社・温泉石神社・荒雄河神社)として記載されなど格式が高く鳥海山に鎮座する鳥海山大物忌神社と同じ大物忌命が祀られていました。古くから神仏習合し出羽三山の羽黒派修験の道場として社運も隆盛し、往時の境内は東西15間、南北50間と広大だったとされます。明治時代初頭に発令さらた神仏分離令により仏式が排され明治5年(1872)に現在地に遷座、明治8年(1875)に村社、大正10年(1921)に神饌弊帛料供進社に指定されました。拝殿は入母屋、鉄板葺、平入、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付。本殿は切妻、鉄板葺、平入。岩出山町にも同じ社号である荒雄川神社が存在し、当社同様荒雄岳山頂の石祠を奥宮としています。
日本三名泉(ホーム)へ

 鳴子温泉観光・旅行見所ナビ:
温泉神社八幡神社古峯神社啼子之碑こけし歌碑立正寺潟沼鳴子峡尿前宿出羽仙台街道薬師神社芭蕉句碑尿前関鬼首温泉
東鳴子温泉間欠泉吹上地獄谷荒湯地獄片山地獄水神峠荒雄川神社主馬神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「日本三名泉(名湯)と日本三御湯>鳴子温泉」は「宮城県の歴史」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−東北」、「城郭と城下町−東北」、「奥州街道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。