鳴子温泉郷: 鬼首温泉

  日本三名泉・三御湯(ホーム)鳴子温泉(枕草子・日本三名泉)>鬼首温泉
鳴子温泉・見所
 ・ 温泉神社
 ・ 八幡神社
 ・ 古峯神社
 ・ 啼子之碑
 ・ こけし歌碑
 ・ 潟沼
 ・ 鳴子峡
 ・ 尿前宿
 ・ 出羽仙台街道
 ・ 薬師神社
 ・ 芭蕉句碑
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
鬼首温泉・歴史・観光・見所
鬼首温泉概要: 鬼首温泉は応神6年(270)に発見されたのが始まりとされます。鬼首の名称の由来は平安時代初期に蝦夷に侵攻した坂上田村麻呂が首長である大竹丸(または高丸)を打ち首にした際、首が追分の地(現在は荒雄湖底)に飛んだことから鬼切辺の里(または鬼切部)と呼ばれるようになったと伝えられています。その後、羽後街道(鬼首街道)が整備されると鬼首宿が尿前宿・鍛冶谷沢宿・中山宿・と共に玉造四駅として発展し江戸時代中期頃までは当地域で最も発展した湯治場として知られていました。周辺には吹上地獄谷、片山地獄、荒湯地獄といった火山活動による荒涼とした景観や日本有数の間歇泉などが存在し、温泉宿だけでなく野湯を求めてくる愛好者も多いそうです。泉質は弱単純アルカリ硫黄泉など源泉によって異なり、効能も多様。
鬼首温泉
鬼首温泉:観光・見所
間欠泉
間欠泉
間欠泉
吹上地獄谷
吹上地獄谷
吹上地獄谷
荒湯地獄
荒湯地獄
荒湯地獄
片山地獄
片山地獄
片山地獄
水神峠
水神峠
水神峠
荒雄川神社
荒雄川神社
荒雄川神社
主馬神社
主馬神社
主馬神社
 
白
 
 
白
 
 
白
 
日本三名泉(ホーム)へ

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「鬼首温泉」は「宮城県の歴史」、「郷土資料辞典−宮城県」、「日本の城下町−関東」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。