草津温泉: 光泉寺

  日本三名泉・三御湯(ホーム)草津温泉(日本三名泉・薬泉)>光泉寺
概要・歴史・観光・見所
光泉寺(草津温泉)概要:  湯畑に隣接する草津山光泉寺の創建は養老5年(721)、行基菩薩草津温泉を発見した際、自ら薬師如来像(日本温泉三大薬師:草津温泉の光泉寺の他、有馬温泉:兵庫県神戸市の温泉寺・山中温泉:石川県加賀市の医王寺・道後温泉:愛媛県松山市の石手寺・城之崎温泉:兵庫県豊岡市の温泉寺などが自称しています。)を彫り込み安置したのが始まりと伝えられています。当初は薬師堂などと呼ばれてきましたが、建久4年(1193)に源頼朝が入湯の際、光泉寺と寺号を改称、正治2年(1200)には領主である湯本氏によって境内整備が行われ白根明神(現在の白根神社)の別当寺となりました。中世は僧兵によって武装化し戦闘にも参加、南北朝時代は南朝側に属していた事もあり、南朝の名だたる武将の神札が奉納されています。文明13年(1481)には近衛道興(関白近衛房嗣の子供、出家して聖護院門跡となる)の尽力もあり勅願寺となり後花園天皇(第102代天皇)の勅額や後柏原天皇(第104代天皇)の震翰を賜るなど寺運も隆盛し宗祇、宗長、近衛龍山といった公家達の宿所にもなりました。江戸時代に入り宝永7年(1710)と宝暦6年(1756)の2度の火災の為、多くの堂宇、寺宝、記録など焼失しましたが釈迦堂が現存し草津町指定文化財に指定されています。釈迦堂は元禄16年(1703)に外嶋玄賀宗静(江戸出身の医師)の発願、施主は湯本弥五右衛門(草津温泉の湯守?)により建立されたもので寄棟、茅葺、桁行2間、梁間2間、正面唐破風向拝付、外壁は朱色で向拝の蟇股に彫刻された神像が印象的です。その他にも境内には宝篋印塔(安永2年:1773年に井堀観音堂から移設)や芭蕉の句碑、入浴逝者供養塔、魚籃観音などが建立されています。関東九十一薬師霊場第四十四番札所。宗派:真言宗豊山派。本尊:薬師如来。

光泉寺
光泉寺
[ 付近地図: 群馬県草津町 ]・[ 草津温泉:歴史・観光・見所 ]
光泉寺
本堂
光泉寺
釈迦堂
光泉寺
釈迦堂
光泉寺
鐘楼
光泉寺
魚藍観音
光泉寺
入浴逝者供養塔
光泉寺
宝篋印塔
光泉寺
芭蕉句碑
日本三名泉(ホーム)

スポンサーサイト

草津温泉(日本三名泉)の見所
光泉寺 頼朝宮
白根神社 姫小松
芭蕉碑 鷲湯碑
金刀比羅神社 西の河原
湯畑:歴史 鬼の茶釜
鬼の相撲場 穴森稲荷神社
斎藤茂吉碑 水原秋桜子碑
ベルツ・スクリバ像 白旗の湯
地蔵乃湯 地蔵堂
日晃寺 御汲上之湯(湯畑)
鷲乃湯跡 白根山
草津温泉:温泉街 草津温泉:歴史

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「日本三名泉・三御湯>草津温泉:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「群馬県観光記」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。