美作三湯(湯原温泉・奥津温泉・湯郷温泉)

日本三名泉(ホーム)日本の温泉街>美作三湯(湯原温泉・奥津温泉・湯郷温泉)

美作三湯比較表

名称
(所在地)
発見者発見年由来・歴史泉質備考
湯原温泉
(広島県
真庭市)
性空上人平安中期性空上人が重病の際、霊夢に神童が立ち、温泉の場所を告げ、行ってみると霊泉を発見。アルカリ性
単純温泉
砂湯は全国
露天風呂番付
で西方の横綱
奥津温泉
(広島県
鏡野町)
少彦名命神話の時代少彦名命が諸国巡航の際、源泉が滾滾と湧き出るのを発見。 アルカリ性
単純温泉
温泉の湯を
利用した
足踏み洗濯
が有名
湯郷温泉
(広島県
美作市)
慈覚大師貞観2年慈覚大師が傷ついた1羽の白鷺が湯浴びをし傷を癒していたのを見て発見。低張性
弱アルカリ泉
早くから
美作国塩湯郷
地頭職掟
を制定

[ 奥州三名湯 ]・[ 奥羽三楽郷 ]・[ 奥州三高湯 ]・[ 磐越三美人湯 ]・[ 美作三湯 ]・[ 扶桑三名湯 ]・[ 庄内三名湯 ]・[ 日本三御湯 ]・[ 温泉街 ]

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。